ガンと宣告されてから、丸4年経ちました。

幸いにも再発していません。

が、油断は禁物です。


今日は先日撮った造影剤CTの結果を聞きにJ医大を受診します。

10:30の予約で8:00(2.5時間前)に家を出なければならないのが大変ですが、仕方ありませんね。

再発しない限り、J医大で経過観察を受けようと思っています。

そして、今回も問題なく無事に5年生を迎えたいものです。


4年前の今頃、年末に宣告を受け、年明け早々に手術予定を組まれ、
医者に「お正月は楽しんで下さい。。」
と言われ、
〝最後のお正月くらい楽しんでねっ〝
と告げられた気がしないでもない、
そんな年末年始でした。


私は手術が終わるまで、自分のガンのステージを知りませんでした。

医者も言いませんでしたし、
そこを敢えて聞くのも怖かった、、。

術後に病理検査等の結果も踏まえ〝ステージ1b〝と知らされたのです。

ガンの性質も、主治医は〝非浸潤型〝と言っていた気がしますが、ガン保険の診断書には他の医師により〝浸潤型〝と記されており、本当はどっちなのか解っていません。

非浸潤型と浸潤型では予後がどう違うのかも敢えて調べていません。

神のみぞ知る

に任せています。

「そこ、目を背けちゃいかんでしょ!」
と言う方もいるかもしれません。

でもね、
神経質になってネットなどで調べまくり、ストレスでガン細胞活性化させるより、
〝なるようになる〝
くらいの心持ちの方が良いと思うのです。

そうはいっても、
やはり結果を聞くのは毎回ドキドキします。

普段の体調に特に問題がなくてもです。

それほど〝ガン〝という奴は根深いものです。


全身ガンで亡くなった樹木希林さんが、
「ガンは余命がわかるから、他の病気よりも計画が立てられて良い」
とおっしゃっていましたが、
私はまだまだそんな境地には達せられませんね、、。

3ヶ月毎に〝ビクビク〝です。

〝なるようにしかならない〝
と自分に言い聞かせる程度です。


さぁ、今回の結果はどうでしょうか?





結果は、




再発・転移と思われる所見
なし

でした。

あぁ 良かった。

経過観察も3ヶ月毎から半年毎に昇級
受診に片道2.5時間かかるという大変さも理由の一つに揚げてくださいました。




、、ガンは問題なかったのですがー、、


放射線科(CT)の先生の所見で、
肝臓の
脂肪肝と多発性嚢胞
の指摘を受けました。


婦人科の先生から、
「一度、専門の医者に診てもらう??」
と問われ、日々の身体のだるさは肝臓からきているのかもしれないと思い、CT画像をCDに落としてもらいました。
(J医大ではなく、住まいの近くの病院で受診するためCD化です)


また、CT画像を見ながら、
「左の腎臓も大き目で気になるねー、、」
とな。
素人目で見ても左右の大きさが違っていました。。

尿酸値が高いのはそのせいか??



まぁ、次から次へと、、

一難去って、また一難
です。


肝臓は、年明けにでも近くの総合病院で診てもらいます。


今日は、
嬉しい結果と、
新たなる不安 の日でした。



ネットで肝嚢胞、、調べてみよう、、。
(調べすぎない程度でね)





 猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
 ♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村