アラカンともなりますと、
美にも色々と悩みがでてきます。


私は若い頃から40代半ばまで、夏は日本で、冬は海外の南国のビーチで、ガンガンに肌を焼いていました。
帽子等も被らずに、です。

その結果、アラカンになり前髪と頭頂部辺りが薄毛になってきたのです。
白髪も2週間ごとに染めないといけません。


元々は髪の毛は真っ黒で、量も多すぎて扱いに困っていたのに、、。



先日、TV番組表をチェックしていたら、「名医のTHE太鼓判」で薄毛や抜け毛、白髪改善についての放送があるのが分かり、
「ぜっったい見る〜〜!」
とすかさず録画モードに設定。

番組をガン見しました。

ーーー

薄毛・白髪・抜け毛にいわし缶!

EPA血液サラサラ効果で美髪に!

 


薄毛改善にはイワシのEPA

イワシなどの青魚に含まれる脂肪には、EPAという血管をしなやかにする成分が豊富に含まれています。

特に回遊魚であるイワシは長時間泳ぎ続けるため、たくさんのエネルギーを脂肪に蓄えなければなりません。

このイワシに含まれているEPAが薄毛改善の効果が期待できます。

 

血液サラサラ効果のEPAが髪にいい理由

髪の毛は血液から栄養を補っています。

しかし偏った食事や不規則な生活習慣などで、血流が悪くなると栄養が毛根まで運ばれず、薄毛や抜け毛の原因になると言われています。

EPAは、血中の余分な中性脂肪やコレステロールを減らし血液をサラサラにする効果が期待できると言います。

 

EPAは血管にもいい!

EPAは血管の壁の内側を安定化させる作用があると言われているので、心筋梗塞や脳卒中などを予防する効果が期待できるという研究結果が出ているそうです。

 

脂は種類によって効果がちがう

肉にも脂はありますが、脂は種類によって働きや効果が違います。

池谷先生曰く、1日に食べる脂の中で、いかにEPAの比率を多くするかというのが大事な点なのだそうです。

EPAには、薄毛改善の効果がありますが、お肉やドレッシングなどから動物性脂や植物性脂を摂り過ぎると、薄毛解消効果は半減して髪に必要な栄養をスムーズに運べなくなると考えられています。

若々しい髪を保つためには、いかに毛根に栄養や酸素を送り届けるかという点が大事とのことです。

 

白髪には?

池谷先生の患者さんで、EPADHAを飲んでもらった人の中には、なかった髪が生えてきたり、白髪が黒髪に変わったりした人がいたそうです。


1日に必要な量は?

厚生労働省が推奨する1日に必要なEPAの摂取量は、1,000㎎で、イワシ1尾分です。


ーー

検証方法
イワシの缶詰1日1缶を、2週間食べます。

検証結果

2週間、イワシの缶詰を食べた結果、EPAの数値は次のようになりました。

・坪倉さん41歳:27 ⇒ 622

・女性50歳:87.3 ⇒ 316.5

・女性56歳:60.9 ⇒ 118.7

・女性65歳:123 ⇒ 290.6

坪倉さんは、2週間に28缶も食べたそうです。

ーーー

いわし缶、、
美味しいですが、毎日食べると気持ち悪くなりそうですし、現実的じゃないな、、。


そうだ!
EPAを摂取すればよいのだから、
それはサプリで摂れば良いはず!


早速、ネットでEPAサプリメントを検索しました。


各社販売していますが、私が選んだのはコレ
↓      ↓      ↓
FullSizeRender
小林製薬のEPAです。

1日の摂取量は5粒で、

IMG_3265
EPAが285.6mg摂取できます。


あれ??

1日に必要なEPAの摂取量は1,000でイワシ1尾分〝

にとどきませんねぇ、、。

ありゃりゃ、、


でも毎日青魚を食べるのはやっぱり無理なので、他はバランスの良い食事を摂って、コツコツ続けていこうと思います。


3ヶ月程サプリを摂取して、結果が出た暁には before→after 画像を載せますね!

お楽しみに🎵 うふふ。







♡ 
猫ブログはこちら 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村