2019年01月

普段出ない知らない番号からの電話の続きです。

その1はこちら↓



080……

コールが長く続き、
どうやら業者でもなさそう。

個人なら尚更出たくない、、。



でもフト気が向いて、私は〝応答〝ボタンを押しました。

くぅ「もしもし、、
相手「あっ、僕、ボクッ!!

ん〜??
〝……
オレオレ詐欺かぁ?


相手「今日ね、スマホを部屋に忘れてね、会社携帯から電話してるの…


電話の主は


テッドさん でした。



〝僕〝としか言いませんでしたが、声で分かりました。


たしかに朝からLINEも既読にならず、
いつもなら移動中に電話を掛けてくるのに、
今日は音沙汰なかった。。

仕事が忙しいのだろうと特に気にしていませんでしたが、テッドさんは既読にならないLINE、繋がらない電話で私が不安を感じてるんじゃないかと思ったようです。


優しいね♡


早速、番号をアドレス帳に登録して、
〝見知らぬ番号〝ではなくしました。



ちょっと私が電話に出なかったりすると、
〝倒れているんじゃないか??〝
と、心配してしまうテッドさん。

〝逆もしかり〝と思っているのでしょうね、。



毎日、テッドさんからは数回の電話があり、
夜はLINEビデオで顔を見ながら会話をしています。

〝ウザい〝
と感じる方もいるかと思いますが、
今のところそう感じる事はありません。

優しさと愛を感じます♡


電撃で決めちゃったパートナーですが、
この繋がり感。
私のに間違いはないようです。



今回の電話の件は
めでたし、めでたし
でしたが、

やはり知らない番号からの電話に
キホン私は出ません!!







♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。




にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 


私は基本、知らない番号の電話には出ないことにしています。

以前、見知らぬ番号の電話に出たら、、
無言電話で、
その後も同じ番号から何度も何度も掛かってきて、ずっと無言で、、正直気持ち悪かったです。

最終的にその相手が女性だと判り、
「一体、何のために??」
と色んな事を考え、尚更怖くなりました。


元ダンナが近しい女性に頼んで電話を掛けさせ、私の状況を探っているのでは?
との考えも頭をよぎりました。

普通のオトコだったらそんな事しないと思うのですけれど、元ダンナならやりかねない。



そんな元ダンナとは
「友達(関係)に戻ろう」
と結婚の解消を告げました。

その頃、感情の起伏が非常に激しくなっていた彼でしたから、なるべく穏やかに、彼も納得する形で別れたかったのです。


ちゃんと納得したかのように思えたのですが、
いよいよ私が彼の家を去るという前夜に、
「お前はこんな状況(鬱病)の俺を捨てて自分だけ……」
と言いながら元ダンナは私の首に手をかけたのです。


恐ろしかったです。
背筋が凍りました。



とっさに私は大笑いをしました。

「何やっちゃってるのぉ〜?w」
という感じで。

元ダンナも私の笑いで気が逸れたようで、
彼も笑いながら首から手を外しました。


あの時、
私が怖がって変に騒いだら
どうなっていた事かと
思い返すだけで冷や汗がでます。



別居しても暫くは離婚せず、連絡もメールで取っていました。
すぐに離婚届にハンを押すよう迫ると、逆上して何をするか分からないと思ったからです。


「私の声が聞きたい。電話したい。」
と何度もメールで呼びかけられましたが、
それは頑なに拒みました。
もちろん、やんわりと。


結局、別居後3年を経て、
さすがにもう諦めも付いただろうと、
離婚届を送付して、
めでたく離婚は成立したわけですが、
その後も時々メールが届きました。

相変わらず
「私の声が聞きたい。」
と。


鬱のくせに行動力はある元ダンナでしたので、
いつひょっこり目の前に現れるかもしれない。

離婚届の郵送で私の住所は把握しています。

まさか、
とも思っていましたが、
私の首に手をかけたオトコです。
何をするか分からない、、。


そんな時にかかってきた無言電話。

つい元ダンナの影を感じてしまうのでした。




先程、また知らない番号から電話が、、

080 ……

コールが長く続きます。


出るか、無視するか、、


、、どうしよう、、。




(その2へつづく)







 猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 


子宮体癌の経過観察で造影剤CTを撮ったところ、放射線科の先生の所見で、

・多発性肝臓嚢胞
・脂肪肝

を指摘されました。


婦人科の先生曰く、
「もし治療する事になり片道2時間かけてJ医大に通うのは大変だから、お近くの内科で診てもらっては?」
とのことで、

近くのH病院を受診することにしました。


まずは受付でざっくりその事を話し、CT画像と血液検査の結果票を渡して待合室へ、、


割と直ぐに名前を呼ばれ、診察室に入ると、


CT画像を見ながらの
Dr.の第一声

「何で(受診しに)来たの?💢」



……何でって、、



肝臓嚢胞が発見されたから来たんですけどっ💢


と思いましたが、怒りは抑えて、J医大の婦人科での経緯を説明しました。

そうしましたら、

Dr.「もし治療が必要なようなガンとか、嚢胞に血管が走っているとかだったら、放射線科の医師が診断して同じ病院の内科と連携を取るはず。
あなたのような単純な嚢胞は経過観察で充分。
(ここに来る必要はない!)」


……あぁ、そうですか。
……でもそんな事、シロウトの患者には分からないよね。
……専門外とはいえ医者に〝受診してみたら?″と勧められたら病院行くよね、、。


とっかかりはムカッ💢とくる問診でしたが、

その後、また充分に説明してくれ、肝臓の血液検査の結果についても数値は高いが経過観察で良い値だし、ついでに私が忘れていた尿酸値の高さについても「この位、問題ない!」と話して下さいましたので、


「安心しました。
   ありがとうございました。」

と、診察室を後にしました。



あぁ、良かった!
(要治療の)病気じゃなかった!!


はれて
ほぼ健康体
と太鼓判を押して頂きました。


これで安心して就活できます。
テッドさんとの暮らしも楽しめます。



しかし、、
〝非常に疲れやすい〝
のは何故なんだろう、、


単に体力・筋力不足なのでしょうか?


ウォーキング、ヨガ、四股踏み…
頑張ってみるしかありませんね!!






♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 


宮城で東日本大震災の復興工事に携わっているテッドさんですが、年度末でその工事も終了だそうです。

町は未だ完全に復興した訳ではないけれど、国の予算の関係で、とのこと。


土木工事での管理職は、近隣の方や工事関連者に頭を下げて回る事ばかりで、「ありがとう」と言われる仕事がしたいと今の現場を選択したようですが、テッドさんも寄る年波(61歳)。
長期出張に疲れてきたようです。


私というパートナーもできたのに、会えるのは月イチというのも寂しいみたい。


「自宅から通える仕事に戻りたい」
との希望で、テッドさんは就活を開始しました。


工事管理責任者の仕事は、人員が少なく、テッドさんの年齢でも〝引く手あまた〝なのだそうです。(なんとも羨ましい)


私も手に職を付けようとコンピュータの勉強をしましたが、がっつりエンジニアだったのは新卒で入社したプログラマーの四年間のみ。

今となってはプログラミングもできないし、
パソコンなんて誰でも使える時代だし、
何の資格も持っていない歳取ったおばちゃんなんて全く需要がありません。

こんなことなら、看護師さんの道を選べば良かった、、
と、今更言っても遅すぎる!!

「後悔先に立たず!」

若い方々、
将来の事もしっかり見据えて、今を一生懸命過ごしましょう!


テッドさんの就活に話を戻しますが、
彼は転職の度に、必ず次の仕事を決めてから現職を辞めてきたそうです。

私は転職する時、1〜3ヶ月は休んで、旅行をしたり、家でゆっくりしたりして、充電してから再就職してきました。。
元ダンナという扶養家族がいながらも、です。


テッドさんはまさしく〝ずっと〝働いてきた。
それだけで
エライ!
と思っちゃいます。
尊敬しちゃいます!


元ダンナとなんと違うことか、、。

元ダンナは〝新生鬱〝(仕事をすることはできないが、自分の好きな遊びはできる)を隠れ蓑に、私が病に倒れても働くことはなかった、、。

モラハラの癖が強く、他人のちょっとした間違いを許せず攻撃する人でした。(最終的には私もその対象となった)
その為、一般社会に適応する事が出来ず、私との離婚後ようやく仕事に就いたようですが、職場の人間関係を自身で悪化させ、結局離職。

その後、どうやって生計を立てているか知りませんが、親が国家公務員でしたので、今だにスネをかじっているに違いない、、。
生きていれば、の話しですが。

ブログ等で公開できない程の事情があり、離婚成立後、元ダンナとは一切連絡を取っていません。
もう彼とは関わりたくないのです。
それ程のダメンズでした。


テッドさんは元ダンナのようにイケメンでもなければオシャレさんでもないけれど、人柄は比べ物にならないくらい良い人です。

仕事もちゃんとしてくれるし、
「一生面倒を見る!」と言ってもくれる。

優しくて、気がきいて、よく動いてくれる。


通勤圏内に転職して毎日一緒に暮らすようになったら、色々アラが見えてくるかもしれませんが、元ダンナとの生活でどん底を経験している私にとってはおそらく〝屁でもない事〝と捉える事でしょうw


元ダンナとの経緯があったから、何が大切な事なのかが分かった。人間力も上がった。。
その点では元ダンナには感謝しています。


何事も〝経験ありき〝なのです。




テッドさんの転職がうまくいきますように。

ちゃんと仕事してきた人ですから、
あまり心配していませんけどね。






♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 


5年前、
三度の虫垂炎を繰り返し、やっと手術できた直後に、派遣法で会社を退社させられ、、。
その後の就職活動中にガンになり、せっかく入社した会社を辞めざるを得なくなり、、。
一人で生活する事ができなくなり、、。


結果、

病名:「エピソード鬱」

になりました。


虫垂炎時の10日間絶食治療(入院)で、睡眠障害が再発し、就職活動でなかなか結果が出なかったので、日中も〝生活の不安〝がつのり、神経症に。

更に不正出血が始まり、それが

子宮体癌

だったのです。


これら次々と起こった不幸な出来事に依り精神バランスを崩した〝エピソード鬱〝

その〝エピソード〝が解決すれば治るはずです。


・虫垂炎は手術により治りました。
・幸いにもガンのステージは1bで、再発・転移なく、経過観察5年生を迎えました。
・婚活でテッドさんというパートナーと出会い、生活の不安は解消しました。




が、
この度、半年毎に行うCT検査で、

肝臓嚢胞、脂肪肝
左腎臓肥大(?)

の指摘を受けました。

やっとガンが寛解しようとしているのに、、。


ガンの経過観察を受けているJ医大までは、片道2時間強かかりますので、
Dr.「自宅近くの病院の方がいいですね」
と、CT画像をCDに落とし、血液検査の結果を印刷して下さいました。


婦人科の医者ですので、肝臓嚢胞も腎臓肥大も〝専門外だから〝と明言を避けられ、
ただ〝一刻も早く〝とも言われなかったので、ズルズルと受診を延ばしています。


そのくせ、
身体が怠いと、
「肝臓のせいだな、、」
腎臓肥大には、
「腫瘍ができてるのかな、、」
とビクビクし、

不安が止まらないのです。


「じゃあ、一刻も早く受診すればいいじゃない!」
と皆さんお思いになるでしょうが、

受診すれば〝病気が顕在化する〝かもしれなくて、、

それが何より怖い。


やっと子宮体癌が治ったら、
今度は肝臓・腎臓。

〝肝腎要〝の重要な臓器です。


「また開腹手術するのでは?!」
(既に3度開腹している)

との考えが頭をよぎり、

ほぼ一人暮らしの現在、
猫たちの世話はどうしたらいいのか、
節約して貯めた失業給付金ではお金が足りない、

そして、
テッドさんに迷惑をかけてしまう、、(;o;)


不安は雪だるまの如く
日に日に増しています。


エピソード鬱は治るヒマがありません。



ある方のブログに、

ツキてるツイてない、ラッキー アンラッキー、、、色んなことがあるけれど、人生など絵巻物なのだ。全部開いて見なければ全体像など分からない。

…でもこれだけは確信しています。私たち一人一人の絵巻物どれも、存在を存在たらしめようとする愛そのものの物語であることが。

だから
安心して今ここを生きればいいのだ。」

とのこと。




はい。
来週には病院へ行ってきますm(_ _)m






 猫ブログはこちら
 「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 


↑このページのトップヘ