タグ:エピソード鬱

5年前、
三度の虫垂炎を繰り返し、やっと手術できた直後に、派遣法で会社を退社させられ、、。
その後の就職活動中にガンになり、せっかく入社した会社を辞めざるを得なくなり、、。
一人で生活する事ができなくなり、、。


結果、

病名:「エピソード鬱」

になりました。


虫垂炎時の10日間絶食治療(入院)で、睡眠障害が再発し、就職活動でなかなか結果が出なかったので、日中も〝生活の不安〝がつのり、神経症に。

更に不正出血が始まり、それが

子宮体癌

だったのです。


これら次々と起こった不幸な出来事に依り精神バランスを崩した〝エピソード鬱〝

その〝エピソード〝が解決すれば治るはずです。


・虫垂炎は手術により治りました。
・幸いにもガンのステージは1bで、再発・転移なく、経過観察5年生を迎えました。
・婚活でテッドさんというパートナーと出会い、生活の不安は解消しました。




が、
この度、半年毎に行うCT検査で、

肝臓嚢胞、脂肪肝
左腎臓肥大(?)

の指摘を受けました。

やっとガンが寛解しようとしているのに、、。


ガンの経過観察を受けているJ医大までは、片道2時間強かかりますので、
Dr.「自宅近くの病院の方がいいですね」
と、CT画像をCDに落とし、血液検査の結果を印刷して下さいました。


婦人科の医者ですので、肝臓嚢胞も腎臓肥大も〝専門外だから〝と明言を避けられ、
ただ〝一刻も早く〝とも言われなかったので、ズルズルと受診を延ばしています。


そのくせ、
身体が怠いと、
「肝臓のせいだな、、」
腎臓肥大には、
「腫瘍ができてるのかな、、」
とビクビクし、

不安が止まらないのです。


「じゃあ、一刻も早く受診すればいいじゃない!」
と皆さんお思いになるでしょうが、

受診すれば〝病気が顕在化する〝かもしれなくて、、

それが何より怖い。


やっと子宮体癌が治ったら、
今度は肝臓・腎臓。

〝肝腎要〝の重要な臓器です。


「また開腹手術するのでは?!」
(既に3度開腹している)

との考えが頭をよぎり、

ほぼ一人暮らしの現在、
猫たちの世話はどうしたらいいのか、
節約して貯めた失業給付金ではお金が足りない、

そして、
テッドさんに迷惑をかけてしまう、、(;o;)


不安は雪だるまの如く
日に日に増しています。


エピソード鬱は治るヒマがありません。



ある方のブログに、

ツキてるツイてない、ラッキー アンラッキー、、、色んなことがあるけれど、人生など絵巻物なのだ。全部開いて見なければ全体像など分からない。

…でもこれだけは確信しています。私たち一人一人の絵巻物どれも、存在を存在たらしめようとする愛そのものの物語であることが。

だから
安心して今ここを生きればいいのだ。」

とのこと。




はい。
来週には病院へ行ってきますm(_ _)m






 猫ブログはこちら
 「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 


やはり眠れませんでした。

夜中に2度トイレに起き、
悪夢ではないものの、
うとうとしてる間は夢の連発。

今朝はゴミの日だったので、
頑張って起き上がりましたが
身体が怠い。

思いっきり寝不足です。


テッドさんに訴えたら
「夜に湯船に浸かってから寝てみたら?
   体も温まるし、湯船は適度に疲れるから
   眠れるかもよ!」
と。


今日も日中は昼寝せず、家事もして、
夜、湯船に入ってから寝てみようと思います。


ベルソムラの副作用に〝悪夢〝があります。
それが出ているということは、そもそも薬があわないのかもしれませんね。

来週のDr.Nの診療日に病院に行って、
ベルソムラの変更と、
ハルシオンの復活を、
お願いしようと思います。

「ハルシオンを処方してくれない限り、ここを動きませんっ!!」
くらいの意気込みで。

私には〝ハルちゃん〝が必要なのです。
私をサポートしてくれる旧知の仲なのです❣️
FullSizeRender
Loveハルシオン❤️


生き物にとって〝眠り〝がどんなに大切なものなのかを改めて思い知らされます。


そして、
テッドさんも最近、仕事のストレスで眠れないと言い出しました。

「僕も心療内科に行こうかな?」
と言い出すほど。

軽い睡眠導入剤だけならば内科でも処方してくれると思うので、心療内科になんて通わずに、今通っている循環器内科の先生に相談してみるといいよ。とアドバイスしました。

テッドさんは既に
・循環器内科:高血圧
・眼科:緑内障
・呼吸器内科:無呼吸症候群
・泌尿器科:前立腺肥大
に通っています。
それに心療内科まで加えたら大変。
心療内科は診察に時間もかかりますしね。


しかし、
アラカンともなると病の宝庫ですね。

同窓会が病気自慢大会になるのも自然の流れなのでしょう。

生活習慣病にならないよう食事に気をつけ適度な運動を心掛けるのはもちろんですが、
通院と投薬でごまかしながら、
QOL(クオリティオブライフ)を上げて、
残りの人生を楽しんでいきたいものです。


あぁ、すっかり中期高齢者の思考だな(⌒-⌒; )





♡ 
猫ブログはこちら
 「ミミ子とニコの猫会議」 
 ♡ 





 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 



先月から転居先の新しい心療内科に通っています。

ネットの口コミでは評判があまり良くなかったクリニックですが、近くに心療内科はそこしかないので選択肢がありません。


東京のK市で通っていたクリニックは医者は1人でしたが、埼玉のAクリニックは曜日別に何人かの医者が診療を行っています。

何曜日に行ってどの医者に当たるか、〝〝試しみたいなものです。


私は、何となく火曜日を選び、Dr.N氏に診察してもらうことにしました。

初回の診察では生まれてから今までのエピソードを話させられ、前クリニックと同じ薬を処方されました。(←順当な診療ですね)


今週は2回目の診察です。

さて、Dr.N、どう出るか?
と思ったら、〝薬の整理〝を提案してきました。


私の症状は割と安定してはいるものの、
東京O区の心療内科に通い始めた後に、
ガンになったり、社会復帰で疲れが溜まったり、仕事を辞めさせられたり、またハードワークに就いたり、、と、薬が徐々に増えてきていた訳です。


今回の転院時の薬は、
・ソラナックス0.4mg:朝昼夕
・ドグマチール50mg:朝夕
・ハルシオン0.25mg:就寝前
・リフレックス15mg:就寝前
・ベルソムラ15mg:就寝前
でした。

何を隠そうハルシオンの大ファンの私。
心地よい眠りに誘い、気持ちを安定させてくれる薬でした。

しかし、今の時代、ハルシオンは副作用を懸念させる前時代的な薬のようです。

K市のクリニックでもハルシオンに代わる薬を勧められましたが、なんてったってファンですから、そう簡単には承諾しませんでした。

ストレスで〝眠り〝が浅くなったと訴えた際にも、ベルソムラを追加処方し、ハルシオンは温存しました。


今回転院し、Dr.Nが注目したのも矢張りハルシオンでした。


とうとうと副作用について話し、服薬している薬を整理するためにも、新しい薬に代えていった方が良いと説得されました。

『そっかー、、もぅハルちゃんの時代は終わったのか、、( ;  ; )』

Dr.N「ハルシオンをやめて、代わりにベルソムラを増量して様子を見ましょう」

くぅ「それで眠れますか??」
Dr.N「眠れます!!」

と、太鼓判を押すので旧時代のハルシオンとお別れしました。

・ソラナックス0.4mg:朝昼夕
・ドグマチール50mg:朝夕
・リフレックス15mg:就寝前
・ベルソムラ(15→)20mg:就寝前
​となった訳です。


そして昨夜、ハルシオン抜きで寝てみました。


そうしましたところ、、


眠れないじゃんっっ!!

めちゃ悪夢のオンパレードじゃんっっ!!
(↑ベルソムラの副作用の一つ)


悪夢の連続と猫達のお布団争奪戦で眠った気が全くしませんでしたが、何とか8時には起き上がり、いつもの生活を開始しました。


午前中にはゼロトレもし、3食自炊。
その他の家事もしました。


それでも日中眠気に襲われなかったので、
悪夢の合間に眠れていたのかもしれません。


ハルシオンはまだ8錠残っているのですが、
レスキューにお取り置きしておくことにします。


今夜もベルソムラ20mgで眠りに挑戦!


悪夢も
〝こんなん見ました〝
と笑えるようになりたいものです。


薬に頼ることなく眠れる日まで。



↑このページのトップヘ