タグ:パートナーシップ

'2019
あけまして おめでとうございます。
ことよろ でございます。

(長文です。面倒な方はスルーして下さいませm(_ _)m )



12/27日に無事帰宅したテッドさん。

お土産はお歳暮でもらったという高級牛肉(ステーキ)でした。
肉系女子の私はウホウホです♡


27日の夕食は寄せ鍋。
あごだしスープ+昆布だしで、とっても美味しかったですよ〜。

28日は頂いたステーキを食べました。
ガーリックオイルで焼いて、味付けは塩コショウのみ。
このシンプルさが、一番肉の味を感じられて好きなんです。


29日はテッドさんの大好物のクリームシチュー。ガーリックトーストと合わせて。
男の人って、カレーとかシチューとか単純な物が好きな人が多いですね。楽でいいですw


、、27日に帰ってきて、早速夜の営みを〝された〝のですが、、
翌朝から頻尿・排尿痛で、、
またもや膀胱炎になってしまいました。
どうやらHすると必ずなるようです。
テッド菌が入ってしまうのでしょうか?
お風呂は毎日ちゃんと入っているんですけどねぇ、、(ToT)
ますますHする事に抵抗感持ってしまいます。
テッドさんはくっつきたくて仕方ないようですが、膀胱炎ってホント辛いからぁぁぁ。

もう年末年始で病院もお休みなので、ドラッグストアで〝ボーコレン〝を買って年始までしのぐことになりました。



30日は、私の姉一家との食事会。
お店は新宿の八馬。
ネットで調べ、A5ランクの牛しゃぶがウリでしたのでそのお店にしましたが、矢張り場所が歌舞伎町なので、お店はあまりキレイじゃなかった、、。
味や接客もまぁまぁって感じ。

姉達にテッドさんを紹介する目的の夜会でしたが、会話が弾み楽しい食事会となりました。



大晦日は午前中に買い出しをして、午後から二人でおせちを作りました。
料理したものは煮しめだけで、あとはかまぼこや黒豆等をお重に詰めただけです。

テッドさんはよく手伝ってくれるし、口うるさい事を言う訳でもないので、女性側からして「この人で良かった」と本当に思える男性です。

見た目は〝テッド〝だしイケメンじゃないけれど、そーゆーのは若い頃で卒業!
人柄が一番大事だとつくづく思いました。


テッドさんはイベント好きなので、大晦日はもちろんカウントダウンを一緒に迎えようと言い切り、それまで私に眠剤を飲ませてくれませんでした。

毎年、〝笑ってはいけない〝をベッドで見ながら年越しも知らずに寝落ちする私にはハードルがかなり高かった、、。

眠剤を飲まなかったにも関わらず、9時頃早々に眠くなり横になってウトウトしてしまい、テッドさんに12時ギリに起こされ、紅白のエンディングからのゆく年くる年をようやく見れました。

「あけましておめでとう。これからもよろしくね♡」
とご挨拶もそこそこに、

くぅ「さ、眠剤飲んで寝ようっと!」
テッド「えーー!もう寝ちゃうのー?!」

と、イベントに対する温度差の違いを見せつける結果となりました。えへへ。




1/1日はお家でおせちを食べてまったり。
これぞ私のお正月!

でも、お雑煮はちゃんと作りましたよ。

出汁も煮干しと鰹節でとって(えっへん)、
白だしも入れて、みりんも料理酒も入れて、、ってやってたら、訳わかんない味になり、、
結局テッドさんに味見してもらい、
「創味のつゆ、入れたら??」
とアドバイス頂き、
やっとまとまった味になりました。

テッド「子供の頃に食べたお雑煮に似てる!」
くぅ「(それは、美味しいということか??)」

ま、おかわりしてくれたので、美味しかったという事にしておきます。


2日は朝から高麗神社へ初詣。
おみくじは、吉 でした。
テッドさんは大吉。

出店でじゃがバターとお好み焼きを食べて、何年振りかの正しいお正月を過ごしました。


思えば、ガンになってからはカウントダウンもせず、初日の出も見ず、挙げ句の果て初詣すらしてなかった、、。
(そのくせガン検診の度に、〝神様お願いっ〝とよくも言っていたなぁ)


午後からは近くの温泉に行き、韓国式アカスリをしました。
100均のアカスリミトンで時々洗ってはいますが、もちろん自分で背中はできないので、全身くまなくこすってもらって、すっっきり爽快でした。
年に一回くらいは垢すりした方がいいかもね!


お昼は温泉のレストランでお蕎麦をサクッと食べ、岩盤浴をして汗もかき、デトックスも終了。

アカスリで身体の表面はツルツル、岩盤浴で中身もスッキリ。
いい年始です!


帰りにテッドさんがケンタッキーが食べたいと言い出し、
くぅ「(しめしめ、夕飯作らなくていいぞ。)」
と、大賛同してKFCへGo!
年始早々ズボラ発揮です。


膀胱炎ですが、夜中はトイレに起きる事もないのに、朝起きるととたんに頻尿発令!
午前中は5分毎にトイレへダッシュ。
排尿痛と残尿感と、突然の尿意。
トイレにたどり着く前にチョビ漏れしたりするので、尿取りパッドなるものも装着しました。
50ccもキャッチしてくれるパッドにしたので、生理用ナプキンと同じ厚み。
装着すると若返った気がしないでもない。

ボーコレンの効き目なのか、午後からは頻尿もだいぶ治るのですが、、

年明けの病院開始まではボーコレンで騙し騙し過ごすしかありません。


3日。
テッド「今日はデートしようか?!映画見て食事して、ボーリングでもして、、♡」
くぅボーコーエンだからムリっっ💢」

で、
テッドさんが宮城に戻る新幹線の切符を買うのに付き合い、美味しい中華料理屋さんでランチをし、スーパーに寄って豚しゃぶの具材を買って、この日は大人しく過ごしました。

膀胱炎は、ティッシュに血尿が少し付くようになり、もう病院で診てもらわないとダメな感じ。。

はぁ、もう、こんな時にボーコーエンなんて、、ガックリです_| ̄|○

ま、その分、Hのお断り条件を満たしていましたので、その点では安寧でした。おほほ。


4日。
朝一で近くのクリニックを受診。
開いてて良かった泌尿器科!!

やっぱり膀胱炎には抗生剤ですよね!


薬をすぐに飲んで、前日に行けなかった映画デートをしました。

ボヘミアン・ラプソディ。

Queenのファンではないけれど、'60、'70ロックファンとしてはチェックしておきたい映画です。

テッドさんはQueenが好きだったようですが、
「だって偽物が演じるんでしょ?、、」
と最初は乗り気ではなかったものの、私との映画デートとして付き合ってくれました。


映画はとても良かったです。
フレディ・マーキュリー役の俳優も本人に近く、演技も頑張っていたし、歌もうまかったです。
ラストのWe are the championsの熱唱シーンでは感動しました。


フレディ・マーキュリー役はラミ・マレックという俳優です。
ジミ・ヘンドリックスの「栄光への軌跡」の俳優も本物に近かったですが、よくこんなにも似た人を見つけるな〜と感心しきりです。

オリバー・ストーンの「The Doors」でのバル・キルマーもジム・モリスンそっくりで、大ファンの私は何度も映画を観たっけ、、。

でも、ジミヘンやドアーズの話はテッドさんには通じないのでそのあたりがちょっと寂しいかな?

テッドさんは他にはスティービーワンダーなどが好みのようで、音楽的にはミーハーなんですよねー。

映画もしかりです。

「時計じかけのオレンジ」「ブラジル」「さらば青春の光」なんて言ってもひとつも通じません。

そういう趣味も合致して、性格が合い、年齢も近く、年収もまぁまぁで、結婚願望があり、、と求めていたら、パートナーは一生見つからないと思います。(私の場合ね)

テッドさんはH好きが玉のキズですが、とにかく優しい。
私の事を考えてくれている。

私は最後のパートナーとして〝優しさ〝を優先しました。
テッドさんは一緒にいて肩のこらない人です。

相手がイケメンだったり、恋しちゃってたりすると、緊張して自分のままでいるのが難しいワタシ。
自然体でいられる事はとっっても重要なのです!


5日。
くぅ「今日は何して遊ぶ??」
テッド「お昼はゆっくりして、夜は串揚げ食べに行かない??」

よしよし。

すぐに案を出してくれるテッドさんに私は大満足です。


いつもは秋津の〝でんがな〝で大阪串揚げを食べるのですが、最近〝田中〝も関東に進出してきているので、食べ比べの為に今回は田中に行く事にしました。

一番近い田中は所沢店。

早めに行ったので予約なしでもすぐに入店できました。

「紅生姜は外せないでしょう!アスパラも!ナスも!あ、牡蠣も食べたい!、、」
と、二人で30本程の串揚げを注文して、、
お通しの生キャベツもパクパク食べ、、
〆の肉吸いが出てきた頃にはもぅお腹がパンパンで、、

やっぱり残した(>_<)

テッドさんと食事すると、ついアレもコレもと頼みすぎちゃうのです。


、、あぁ、体重計に乗るのが怖い。



6日。
14:30にタクシーを呼んで、
先程テッドさんは宮城に戻りました。


10日間、
長いなぁー!と思っていましたが、
あっと言う間に過ぎちゃった。

ケンカは勿論、不穏な空気も無く、
ずっと仲良しで過ごせた10日間。

電撃で決めたパートナーのテッドさんですが、
相性が良いのでしょう♡

〝自分の〝に間違いは無かったようです。


次回逢瀬は1ヶ月後。

1/15はテッドさんの誕生日。
2/14はバレンタインデー。

2つのプレゼントが必要ですが、テッドさんの事がだんだん分かってきたので、プレゼント選びもあまり苦労しなくてよい感じです。

クリスマスプレゼントとして贈ったフランネルのシャツはとても気に入ってくれて、
お出かけの際に必ず着てくれました。



出会ってまだ一年も経っていない二人ですが、
パートナーシップは強固ですぞ♡


今年も健康で仲良く過ごしたいと思います。


皆様のご健康とご多幸も
お祈りいたしております!!


長々とご拝読ありがとうございました。

これからも、稚拙なブログではありますが是非遊びに来て下さいね。

よろしくお願い申し上げます(╹◡╹)






♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
 ♡ 





 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 


「運命の人」と出会っても、
その後の付き合い方にも重要なことがあります。

それは、お相手とは対等な立場でいる事です。
きちんとしたパートナーシップを結んでおかないと、やがて2人の間柄にズレが生じてきます。

パートナーシップを自然と結べる人が「運命の人」とも言えるのですが、
つい自分の悪い癖が出てきてしまうかもしれませんので、注意しなければなりません。


以前、「運命の人」に関する記事を綴っていた方が「パートナーシップ」に関しても興味深いブログを書いていらっしゃいましたので、引用してご紹介しますね。


※長文になりますので、嫌な方はスルーしてください m(_ _)m

ーーー

「パートナーシッのこと」や

「運命の人のこと」っていうのは…

 

本当に「気づき」や

「学ぶこと」がいろいろあります。
 


それでね…

 

 

女性のあなたに

シェアしたいことがあるんです。


 

とても気配り上手でやさしい女性であり

いわゆる「尽くすタイプ」なのに…


 

「男性からなかなか興味を持たれない」

 


「好きな人との仲が、なかなか発展しない」


 

「好きな人のパートナー(彼女)になりたいのに

いつのまにか

愛人(友人・仕事仲間)になってしまっている」

 

 

 

「好きな人がいて

一生懸命、尽くしてきたのに

その人は別の女性を好きになってしまった」

 

 

 

ということで

心が揺れている方が

けっこういらっしゃると思うんです。



 

「尽くす」っていうと

とても健気で

女らしいふうに感じますが…



「献身的に尽くすこと」だけで

パートナー(彼女)になることは

難しいことがほとんどだと

ここにきて私はしみじみわかりました。



 

ちなみに私も

過去、好きだった人に

献身的に尽くしていたことがありますが…

 

その関係はやはり

うまくはいきませんでした。




いまの私のパートナーとは

お互い、尽くし、尽くされるような

ひびきあい、わかちあえる

「対等な関係」だと思っております。



 

実は…



 

片方ばかりが

「献身的に尽くす」ということを始めると…

 

相手はその人を

パートナーと

思わなくなることがある!!!

 

 

 

思わず

 

「え~~~~~っ!」

 

と、のけぞってしまいそうになりますよね。

 

 


 

さらにいうと…

 

 

「尽くす」ということで

「何かを得たい!」という気持ちが

入っている場合。




これは



 

「相手に

何かをしてあげることで、

オンリーワンの存在になりたい」


 

ということになり…




 

そのことは相手に対する「執着」となり…



 

恋やパートナーシップを

うまくいかせない原因に

なっていることがあるようなのです。




 

例えばなんですが…



「彼の仕事を手伝うことで、

彼にとって

なくてはならない

オンリーワンの存在になりたい」


 

「彼になにかを聞かれても

『あなたにあわせるわ』

と、自分の意見を出さずに

相手にあわせるようにしている」



「彼の都合のいいときに

呼び出されると

嬉しくて喜んで行って

なんでもしてしまう」



 

「彼のやっている仕事に

お客さんをいっぱい連れて行くことで

彼の気をひきたい」




「彼の告知や活動のすばらしさを

ブログやFacebookに勝手にアップすることで

彼に喜んでもらい

彼の気をひきたい」



 

こういう行為や想いは

いっけん


 

「とっても健気にあなたを支えているんです」

 


 

というふうに見えますが…



 

それをやっていると

だんだん男性のほうの気持ちが

変わってきてしまうようなのです。





 

どういうことかというと…



 

「相手の女性のエネルギーが重くなってくる…」


 

「この人とは

都合の良いように付き合えばいい…」




 

そのような

 

 

「パートナー枠からはずしてしまう」




 

そんな気持ちが

生まれてきてしまうことも

あるようなのです。




 

「尽くすことはいいことだ」

「もっともっと尽くさなきゃ」と

思ってきた人にとっては

もう、え~~~~っ!!!ですよね。


 

びっくり!!!ですよね。





 

では、どうすればいいのかというと…


 

 

「パートナーと『対等の関係』を築くこと」




 

「自分と、相手は対等な関係なんだ」



 

「この人となら、

ひびきあい、わかちあい、助けあい、

一緒に人生を歩んでいける人だな」



 

「自分がまちがったことをしていたら

ちゃんと叱ってほしい」



 

「相手が、ちょっと違うな…と

思うことをしていたら

ちゃんとそのことが言える関係」



 

「お互いに相手を尊敬して、

いろいろな相談のもと、すべてを進めていく」




…そういう「対等な関係」であってはじめて…


 

「良好なパートナーシップ」

を築けるのだと

私は改めて気が付きました。


ーーー


実は私も元ダンナには〝尽くし〝まくっていました。


挙げ句の果て、元ダンナは私のヒモに成り下がり、仕事をまったくしなくなりました。



しかも私のことを女性とも思わなくなり、

セックスレスにもなりました。



それでも〝尽くし〝ていたら〝大きな許し〝を感じていつかは変わってくれるんじゃないかと期待していたのです。



でもそれは成りませんでした。



パートナーという関係は完全に崩れていたのです。


それなのに私は元ダンナに精神的に〝依存〝していたのです。

ある事をキッカケに〝精神的にも自立しよう〝と思うまで、彼に〝依存〝していた事実にも気付いていませんでした。。


恐ろしい事です。



私が彼への依存心を捨て〝自立〝を果たした後も、元ダンナの自己中心的なものの考え方は一層酷くなり、私に対する暴言も激しくなり、、言葉のDVが始まりました、、



私はもぅたまらず〝離婚〝してやりました。

パートナーどころか私を完全に〝下〝に見ていた元ダンナ。


そんな人には〝おしおき〝ですw



ですから、お相手との健全なパートナーシップを結ぶ事は絶対に必要なのです。



テッドさんにもキホン〝優しく〝接しようとは思いますし、時には〝甘え〝たりしたいですが、お互い自立した大人であることは忘れずに上手に付き合っていきたいと思います。





猫ブログはこちら

「ミミ子とニコの猫会議」

http://mimi-nico.blog.jp





ポチっとよろしくお願いします。





 


 

↑このページのトップヘ