タグ:国民年金

テッドさんの離婚してない問題は、今度彼が赴任先から戻ってきた時にちゃんと話し合おうと思っていました。

顔と顔を合わせて。



ですが、、

昨夜お酒を飲んでいたらものすごく悲しくなってしまい、勢いで夜中にLINEしてしまいました。

1:30「涙が溢れてきて眠れません。」
  「私は不倫女だから。」
  「猫はいいな。
   嘘をつかないから。」
  「(T_T) (T_T)(T_T)」
2:15 「私をこんなに悲しい思いにさせて、あなたはどうするつもりなの??」
  「今日は一晩中飲みます。
   泣きながらね!!」
4:30 「あなたの仕事の事を考えて平常心を装っていましたが、私の悲しみは深すぎます。」
  「一刻も早く離婚して下さい。」
  「あなたの行動を見させて頂きます。」


、、あぁ、やってしまった。




早朝、テッドさんからLINEメッセージがありました。
「辛い想いさせてごめんなさい」
「キチンとしてクーちゃんと一緒になるよ」

その後、すぐに電話がかかってきて、
•もう辛い思いはさせない。
•僕の行動を見ていて。
•僕を信じて。安心して。
と言ってくれました。



ブログにコメント頂いたように、
一旦テッドさんと別れて、離婚が成立したらお付き合いを再開するのが正しい行動だと思います。


ですが、若い頃と違ってスパッと行動に移せないのが現状。
別れるということは又引っ越ししなければなりません。
猫も2匹に増えているし。


私はテッドさんの言葉を信じて、現状のまま彼の行動を待とうと思います。

ご批判を受ける覚悟の上です。





それはそうと、
テッドさんの年金を欲しがっている配偶者さんは今何歳なのか気になります。
自分で働いて厚生or国民年金を支払えないのでしょうか、、。
自分で年金を納めた方が配偶者年金よりも受給額が多いのでは?と単純に思うのですが、、。






ポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 

「楽しみながら節約をする」
今の私のテーマです。

今日は
〝キャベツをなんとかしなければっ〝

、、そうです、
何日か前にひと玉買ったキャベツが、
まだ冷蔵庫にあるのです。

ホイコウロウ
コールスロー
生姜焼きの付け合わせ
などで消費してきましたが、
まだ半玉残っている、、


そもそも、
半玉のキャベツを買おうとしていた私に
テッドさんが
「ひと玉買いなよ!その方がおトクだよ!」
と何度も言い、根負けして買ったキャベツ。

ほらねー、
やっぱりその存在に困っちゃったじゃないの。。

やはりあの時は自分の意思を通さなければならない場面だったのです!

って、
キャベツごときで熱く語るのも
みみっちい話ですが、、w


今日のキャベツは、ポトフに調理してやりました。
明日の朝食のスープとしても食べれますしね♡

これでやっとキャベツが冷蔵庫からいなくなりました。

めでたし、めでたし。


しかーし、
今日は大根を買ってしまったので、
明日からは〝大根地獄〝です。




今日はハローワークの認定日でもありました。
初回認定日です。

就職相談もしましたが、
私の年齢での事務職採用は、
やはりかなり厳しい
とのこと。

でも立ち仕事をする体力がない事は、前職のスーパーのレジで思い知らされましたので、なんとかデスクワークに就けるよう就職活動したいと思います。


ハローワークの帰りには市役所へ行き、
国民健康保険と国民年金の減免措置をお願いしてきました。


失業給付を受けている人は、国保や年金を減額してくれる制度があります。

国保は全員ではありません。ある条件に当てはまる人のみです。(私は該当しました)
また年金は全額免除か1/2、1/4免除があり、前年度の年収によって決定されるようです。(3ヶ月後にわかります)


失業給付を受けた上に節税もすると、
また何か言われそうですが、
私自身の財政が厳しいので、
制度を使わせて頂くことはお許しください。


何度も言いますが、
社会人になってから、ずっと税金等はキチンと納めてきました。


今の若者の中には自分の時代に貰えないかもしれないと言って年金を支払っていない人も多いと思います。

たしかに年金は高額です。
年金を受給できる年齢もどんどん伸びて、
確か私の母の時代は55歳から受給できていましたが、それが60歳になり、現在は65歳、そして今は70歳にしようという流れになりそうです。

私は〝70歳〜〝に該当するかも、、ですね。


70歳まで現役で働け!
ということです。


アラカンですでにヘロヘロの私は、
ハッキリ言って70歳まで生きている自信もありませんよ、、。

ですから、私自身が年金の受給者になることはかなり低い確率だと思います。

同じ様な考えで〝じゃ払わない!〝という若者が多いのでしょう。

ですが、年金は今現在の受給者のために納めている財源ですので、相互扶助の観念を持ちちゃんと納めて欲しいものです。
(あ、納められる所得がある人はね)


テッドさんと暮らしていたら
お互い助け合って寿命も延びるやもしれませんが、70歳で働いている自分はまったく想像できません。


取り敢えずは、
節約を続けて、
老後のための貯金をするか、、。


〝楽しみながら、、〝
のはずが、
〝ショボーン〝
となってしまった、、。




♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
 ♡ 





 ポチっとよろしくお願いします。




にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
 


↑このページのトップヘ