タグ:年収

テッド「くぅちゃんとは、なんか、波長が合うみたいだね!ぜんぜんストレスを感じない!」
くぅ「うん。私もそう感じる!」


テッドさんは見た目は全然タイプではないけれど、一緒にいてすごく楽で、私が私らしくいられる存在です。

血の繋がった姉といるよりも、ずっと気楽に過ごせるのです。

一緒にいて楽しいし、食の好みも似ている。

私はまだ疲れやすい身体なので、わりとアクティブなテッドさんには少し物足りないところもあると思うのですが、私のペースに合わせて行動してくれるのでありがたい限りです。


そんなテッドさんに不満があるとするならば、オシャレに無頓着なところかなー?

今まで私はオシャレさんとばかりお付き合いしてきましたので、テッドさんの着こなしには苦笑してしまいます。

なんたって太鼓腹の体型なのに、シャツをパンツにインしちゃうんですから、、

今時、シャツをインしていいのはオシャレで細身の若い男子・女子だけですよねw


まぁ、でも〝オシャレ〝だとか、〝イケメン〝だとかはもぅどーでもいい事項と捉えています。

人柄第一

なのです。


そして波長が合うか否か、が重要なのです。


テッドさんと出会うまでは、〝恋〝することが絶対条件で、その後再婚までもっていければ、、と思っていましたが、〝愛される喜び〝をテッドさんは教えてくれました。

この選択は間違っていなかったと感じています。


〝ダンディさや年収を売りに婚活している男性のほうがキモい〝とまで思うようになりました。


オシャレがなんの役に立つーー!
ハイスペックがなんぼのもんじゃーい!


、、でも、生活していくのですから年収も重要ではあります。


経済的なことをいうと、
テッドさんはほどほどの年収ですが、建設業界で責任者をしておりますので、61歳でもまだまだ現役を続けられています。

それだけでも大変ありがたいことです。

テッドさんはミドルスペックといったところでしょうか、。


にしても、
波長の合う人と出会えて本当に良かった。

テッドさんが私に〝運命〝を感じてくれて本当に良かった!!


ご縁の神様に感謝です♡








ポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 

女子SPA! で「アラフォー婚活の現実」を読んでいたのですが、、

おぃおぃ、あんたは既にアラカンでしょー

という突っ込みには m(_ _)m


その記事で衝撃的な現実を確認!!

婚活サイトで出会って結婚に至った人は、
何と 1.7% しかいないんです!

IMG_2669

殆どは職場での出会いや家族・友人の紹介。

私も一度目は職場結婚でしたからねぇ。


しかし、1.7%に賭けて1年間も婚活していたなんて我ながら良く頑張った(執着したw)ものです。

結果を出せた今となっては、1.7%の希少な中に入れたのだと少し鼻高々ですが、テッドさんに出会っていなかったら、ずーっと、ずーっと面談と別れを繰り返していた事でしょう、、。

そして婚活疲れに陥ちていたでしょう。

テッドさんとの出会いにはホントに感謝です。


よくテッドさんが
「この出会いは運命だよ!!」
と言っていましたが、1.7%の数字を目の当たりにすると、そうだと云えるのかもしれません。


因みに、
女子が男性に求める平均年収は500万円。
(アラフォー調べ)

こちらもテッドさんの場合は60才で600〜800万円ですのでクリアしています。


テッドさんは建設関係の現場責任者(副所長)さんですので、一般的な役職定年が無く年収も減ることはありません。
また現在、現場責任者をできる人が希少なので、仕事が無いとか転職できないとかということもありません。(ただ仕事はハードです)


サラリーマンは60才前後で年収が約半分になって、、仕事も閑職にまわされ、、トントンと肩を叩かれる(そろそろ辞めたら?)のが普通ですが、テッドさんなら役員になって仕事を続けられそうです。

そんな良い条件の人と出会ったのは
矢張り〝奇跡的〝です❤️


あとは、
お互い病気せずに、どれだけ元気に過ごせるか、というところ。。

〈テッドさん〉
・高血圧
・緑内障(左目はほぼ見えない)
・無呼吸症候群(睡眠時、マスク着用)
・肥満

〈くぅ〉
・子宮体癌経過観察(4年生)
・神経症(睡眠障害)
・尿酸値高め
・脂肪肝
・メタボ境界線

、、アラカンともなると、2人共こんなに持病があります (>_>)

60年も使ってきた身体ですからね、、

今後はお互いを労わりながら、歳を重ねていきたいものです ^_^


!目標!
80歳まで2人共健康で生きる




女子SPA! の記事はこちら↓






ポチっとよろしくお願いします。






↑このページのトップヘ