タグ:死

堀ちえみさんに又ガンが発見されましたね。

舌癌のリハビリを頑張っている最中、今度は食道癌。

ステージ 1、又、内視鏡手術で済む事が不幸中の幸いだと思います。

それでも次々と襲われる大病には気持ちが揺れるはず。

ただ、ご本人もご家族も前向きなのが救いです。



私がガン宣告された時には、
死への連想、ショック、血の気が引く、涙が溢れる、〝どうして私が、、〝
等、まったく思いませんでした

ただ、ただ、
がっかり
しただけです。


〝成るように成る〝
が私の信条ですので、ガン宣告も冷静に受け止めました。

ですから、
プラス思考もマイナス思考も起こりませんでした。

治療も医者の方針に従って、セカンドオピニオンも考えもせず、主治医に全てお任せしました。



10時間以上にわたる手術の後、
目が覚めた私の頭に最初に浮かんだのが

「あ、又生かされてしまった、、」

でした。


状態があまり安定していなかったので、ICUで長時間にわたり治療を受け、浮腫で体中がパンパンになった上、呼吸が乱れ悶え苦しみ、看護師に瞳孔をチェックされ、
「あ、これって死ぬのかな?」
と初めて焦りました。

それでも2日後には一般病棟に移り、そこからは順調に回復する事が出来ました。


術後1週間経ち、
主治医「くぅさんは抗がん剤、やった方がいいと思うんだよねー」
の言葉にも、
くぅ「そうですか。じゃあお願いします」
と、何の迷いもなく(疑いもなく)受け入れました。

医者は専門家。
素人の私よりずっと病気の事を知っているし、勘も働くはず。
そう思ったからです。

それがドロ舟の可能性があったとしても主治医を信じて乗っかりました。


何事も
〝成るようにしか成らない〝
のです。

〝運は天に任せるしかない〝

その上で、自力でできる努力はしようと思いました。

ですから、リハビリは頑張りました。

強く〝生きたい〝と思ったからではありません。

与えられた状況を少しでも自力で改善する。

ただそれだけです。


どんな状況にあろうとも、
それは一生、死ぬまで続けなければならない
私に与えられた課題です。

そう思っています。



ガンになって良かった事もありました。

とても些細なことにも感謝できる心が生まれた事です。

これは、手術と半年間の抗がん剤治療で、
ヘロヘロになったおかげです。


歩ける事
食べられる事
お風呂に入れる事
電車に乗れる事
お酒を飲める事
etc…etc…


〝普通〝って素晴らしい事なのです。


頭では分かっていたつもりでしたが、
ガンになり深く実体験できました。


いつか行くあの世へのいいお土産になりました。



ですから、今、病気や怪我で臥せっている方、
色々な問題を抱えて苦しんでいる方、
決して諦めずに、状況を一旦受け入れ、
そして日々できる努力を何かしらしてみて下さい。


小さな努力を積み重ねて、
やがて〝普通〝の生活ができるように成る事を私は願って止みません。


どんな人も幸せになる権利があります。


叶わぬ事もありますが、
〝努力〝は
今生で報われなくとも、
次生に繋がる、
と私は信じています。









ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 

(はてなブログ2016-09-12upのブログです)



2014年10月、N証券を辞めた後、私は最悪の精神状態だった。



不正出血は止まらない。


下痢で体調も悪い。全身がビリビリする。


次の仕事は決まらないし、大手の派遣会社は登録すら断られ、、

そもそも仕事なんてできそうにない。



12月にはマンションの更新があるのにお金がない。




世の中から消えてしまいたくなった。


本気で。


R橋の上から多摩川に飛び込んだら、、


とか


湯船でリストカットしたら気持ちよく死ねるんじゃないか、、


とか。


ショボーン


ミミちゃんはどーする、、?


神社の境内に置いてこようか、、


里親会にガンで飼えなくなったからと言って返そうか、、


えーんえーん


生活保護も考えた。


実際に相談にも行ったが、20万ばかしの貯金があるため、それがなくなってからじゃないと生保は受けられない、と。


生保を受けたら大きな買い物が出来なくなるから、その20万で家電でも買ったらどうか、とも言われた。


そして、家賃は53,000円までの部屋じゃないとダメだと言われた。



O区の不動産屋を見たが、53,000円の部屋なんてない。


あったとしてもたぶん猫なんて飼えない。



、、ミミ子しゃん、、、。


ショボーンショボーン



不正出血は止まらない、、


とにかく婦人科行かなくちゃ、、


病名、はっきりさせなくちゃ、、


生活保護受けたら医療費は無料だ!


でも、ミミ子しゃんが、、、




考えは堂々巡り、、、


もぅ何も考えたくない。消えてしまいたい。


チーン


10月、11月、、と時は過ぎていく。



半分の私は死を想い、半分の私は冷静にも婦人科を受診しMRIも受けた。



冷静な私が勝り、マンションの更新はやめる手続きをし、K市周辺の大きな病院を調べ紹介状を書いてもらった。


姉を頼る決心をしたのだ。



11月末、引越し前に家財道具の処分をした。

ネットで調べたリサイクルセンター。



お気に入りだった無印良品の洗濯機も冷蔵庫もタバコ焼けでリサイクルできなく、お金を払っての処分。


その他、コタツ型テープルとか姿見とか赤いロッキングチェアとかTV台とか、、愛着のあるもの達、、まとめてたった数千円での買取。

クロスバイクも売った。



持っていくものは、洋服などの身の回りの物だけ、、それもかなり捨てて、、



それと、ミミしゃん


ショボーン


体調悪い中、引越し業者とペットタクシーの手配もする。



引越し屋さんにミミ子さんも乗せてもらおうと相談したが、生き物は運べないとのこと。



ミミ子さんをキャリーバッグに入れて電車で移動することも考えたが、ミミ子しゃんはバッグに入っただけで騒ぎまくる性格なので大変なことになりそう。


それで少し高くはつくがペットタクシーを利用した。

私も電車、バスを乗り継いで行くより楽だし。





私の財産はまた離婚した当初に戻ってしまった。

増えたのはミミ子しゃんだけだ。



ミミ子しゃんがいればいい。

離れたくない。

捨てること考えてごめんね。ごめんね。



でも、もうペットはミミ子しゃんで最後にするよ。


飼いきる力が私にはないもの。

軽々しくペット飼ってはダメなんだと痛感!





ミミ子しゃんと後何年過ごせるのか、、

完全家猫だから、どっちかが先に死ぬんだね。


それまでは幸せな猫生を送らせてあげたい。



どうかミミちゃんが幸せな猫ちゃんで生涯暮らせますように🍀








ポチっとよろしくお願いします。 







(はてなブログ2016-09-02upのブログです)



鼻にチューブを入れられている。嫌だー。



場面は変わって、


夏、洋服屋さんで夏物を物色していると店員が冬物の毛糸のカーディガンを持ってきて勧めてくる。

白地に可愛い編み込みのカーディガン。

アース&エコロジー チックな。


夏なのに、と困惑していると、友達が来て、

「この人はガンで余命宣告されているから、それは必要ないんです」と断る。

私は「えっっ?!(余命?)」と驚く。



そこで目が覚めた。



不吉








ポチっとよろしくお願いします。 







(はてなブログ2016-08-21uのブログです)



死ぬということ。。。


死ぬ、ということが今、怖い。


「死ぬ」とは明日がなくなってしまうということ。

消えてしまう。。

この世から消えてしまうということ、、、。



今私は毎日漠然と過ごしている。



美味しいものを食べて、猫を可愛がって、仕事をして。。家族と話す。。たまに友達に会う。。


、、、


今、ミミちゃんが急にひざに乗ってきた。

私のこの気分を察知したのだろうか?

慰めてくれてるのだろうか。

そんなに不安にならなくてもいーよ、って。


、、


誰もが死ぬ。


私もいつかは死ぬ。


今元気な人も死ぬ。


母も父も死んだんだ。



死ぬ、ということ、、怖いのはまだ若いということなのだろうか?



生きているうちにもっとやりたいことを大胆にやるか、平々凡々でも平和に暮らすか、、、




もう未練はないと思っていた。


思っている。


残りの人生はおまけだ、と。




このまましばらく過ごすか。。

期が満ちるのを待つように。

しばらくこのままで。。









ポチっとよろしくお願いします。 







↑このページのトップヘ