タグ:腎臓肥大

子宮体癌経過観察満5年(術後)で造影剤CT検査をします。

単純CTで良いのでは?と医師に言いましたが、
「詳しく検査した方が良いでしょう!」
と、造影剤CTになりました。

造影剤は注入すると身体がボワーッと熱くなるのがなんとも気持ち悪くて嫌なんです。

アレルギー反応は出たことはありませんが、あの熱さは不安に駆られます。



今回のN病院では造影剤CTについて「当日の朝食は摂らない」「撮影1時間前からはトイレ(小)に行かない」との注意書きがありました。

J医大でも何度か造影剤CTを撮りましたがそんな縛りはありませんでした。

…病院に依って違いがあるのですね。


朝食抜きは大丈夫ですが、過活動膀胱の私はトイレを一時間我慢しなければならないというのはちょっと不安を覚えます。
ベオーバ錠という強い味方があるので、前日•当日共に薬を飲んで、コーヒー等の利尿作用のある飲み物は控えて”一時間我慢”に備える所存です。


今日、造影剤CT検査をして、翌週に結果を聞く予定になっています。
その際、腫瘍マーカーと細胞診の結果もでているはずです。

エコーと触診はクリアしていますが、上記の結果が問題なければ晴れて経過観察6年生に突入となるのです。


ガンの再発はもちろん気になりますが、
造影剤CTでは肝臓と腎臓にも心配ネタがあるんです。(CTは胸部•腹部が撮影範囲)


実は一年前のCTで、
•脂肪肝、多発性肝嚢胞
•左腎臓の肥大
を放射線科の医師に指摘されていたのです。

J医大の婦人科の医師からは、
「心配なら自宅近くの大きめの病院を受診してみてはいかがですか?」と言われ、画像をCDにダウンロードしてもらいました。

CDを持って住まい近くのH中央病院を受診したら、
「これは病院に来る程のものじゃないっ!」
「何でここに来たのっ?!同じJ医大の内科で連携して診察すればわかるでしょっ!💢
と、叱られてしまいました。。

…酷いですよね、、。

肝臓と腎臓に所見ありで、専門外の婦人科とはいえ医師の勧めもあり、手遅れになってはいけないと思い受診したのに。。

まぁ、治療不要で良かったですが、一年経った今、脂肪肝や嚢胞がその後どうなっているのか、肥大していた腎臓はどうなっているのか、、

今回の造影剤CTでこれらも明らかになるはずで、

ハッキリ言ってそっちの方が不安です。




造影剤CTを撮りました。


待っている間にお水を150ccを飲まされ、暖かいペットボトルを渡され手を暖めておくように言われました。

お水は膀胱を広げるため、手の暖めは造影剤で急に身体が熱くなるショック対策だと思います。
なかなか手厚いですね。



造影剤を注入して、やっぱり何度やっても気持ち悪いなー、と思いながらもCT検査を無事終了しました。


来週、結果を聞きに又来院です。


何事も無い事を祈るばかりです。







ポチっとよろしくお願いします。


にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 

5年前、
三度の虫垂炎を繰り返し、やっと手術できた直後に、派遣法で会社を退社させられ、、。
その後の就職活動中にガンになり、せっかく入社した会社を辞めざるを得なくなり、、。
一人で生活する事ができなくなり、、。


結果、

病名:「エピソード鬱」

になりました。


虫垂炎時の10日間絶食治療(入院)で、睡眠障害が再発し、就職活動でなかなか結果が出なかったので、日中も〝生活の不安〝がつのり、神経症に。

更に不正出血が始まり、それが

子宮体癌

だったのです。


これら次々と起こった不幸な出来事に依り精神バランスを崩した〝エピソード鬱〝

その〝エピソード〝が解決すれば治るはずです。


・虫垂炎は手術により治りました。
・幸いにもガンのステージは1bで、再発・転移なく、経過観察5年生を迎えました。
・婚活でテッドさんというパートナーと出会い、生活の不安は解消しました。




が、
この度、半年毎に行うCT検査で、

肝臓嚢胞、脂肪肝
左腎臓肥大(?)

の指摘を受けました。

やっとガンが寛解しようとしているのに、、。


ガンの経過観察を受けているJ医大までは、片道2時間強かかりますので、
Dr.「自宅近くの病院の方がいいですね」
と、CT画像をCDに落とし、血液検査の結果を印刷して下さいました。


婦人科の医者ですので、肝臓嚢胞も腎臓肥大も〝専門外だから〝と明言を避けられ、
ただ〝一刻も早く〝とも言われなかったので、ズルズルと受診を延ばしています。


そのくせ、
身体が怠いと、
「肝臓のせいだな、、」
腎臓肥大には、
「腫瘍ができてるのかな、、」
とビクビクし、

不安が止まらないのです。


「じゃあ、一刻も早く受診すればいいじゃない!」
と皆さんお思いになるでしょうが、

受診すれば〝病気が顕在化する〝かもしれなくて、、

それが何より怖い。


やっと子宮体癌が治ったら、
今度は肝臓・腎臓。

〝肝腎要〝の重要な臓器です。


「また開腹手術するのでは?!」
(既に3度開腹している)

との考えが頭をよぎり、

ほぼ一人暮らしの現在、
猫たちの世話はどうしたらいいのか、
節約して貯めた失業給付金ではお金が足りない、

そして、
テッドさんに迷惑をかけてしまう、、(;o;)


不安は雪だるまの如く
日に日に増しています。


エピソード鬱は治るヒマがありません。



ある方のブログに、

ツキてるツイてない、ラッキー アンラッキー、、、色んなことがあるけれど、人生など絵巻物なのだ。全部開いて見なければ全体像など分からない。

…でもこれだけは確信しています。私たち一人一人の絵巻物どれも、存在を存在たらしめようとする愛そのものの物語であることが。

だから
安心して今ここを生きればいいのだ。」

とのこと。




はい。
来週には病院へ行ってきますm(_ _)m






 猫ブログはこちら
 「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 




 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 


↑このページのトップヘ