タグ:運命の人

先週末、テッドさんが帰省した際にこう言いました。

「もっと早くくぅちゃんに会いたかったな!」

独り身だった頃を思い出すとかなり淋しかったらしく、今私と一緒にいるのがとても楽しいからだそうです。


私としては、、
出会いが一年でも早かったら、私はテッドさんを選んでいなかったかもしれません。


出会いのタイミングは重要です。


アラカンで婚活アプリを始めて、1年間で10人強の方と出会いましたが、最初の頃は〝恋ありき〝の婚活でした。(私自身が恋する事)

又、相手には〝おしゃれな人〝も求めていました。
〝人格が服装に表れる〝と思っていたからです。(←コレ、元ダンナの言い分でしたが、私も洗脳されていました)


一年間で、

恋に落ちた人、おしゃれな人、エスコート上手な人、カッコイイ人、若く見える人。


逆に、

清潔感に欠ける人、エスコート下手な人、ケチな人、自慢ばかりの人、自信のない人、、。


と、色々な方と出会った経験で、②はナシと確信できましたが、①の〝恋〝だの〝おしゃれ〝〝カッコイイ〝〝若見え〝だのはどーでもいい事じゃないかな?と思えてきていたのです。



そんな時に出会ったのがテッドさん。



見た目は全然タイプじゃないし、THEおじさんだけれど、リードしてくれるし、誠実だし、お金払いは良いし、仕事人だし、会話も通じるし、、なんと言っても〝結婚〝を視野に私を口説いてくれた。


「一生くぅちゃんの面倒を見る!」

「運命を感じる!」

「一緒にいたい!」


〝恋するよりも愛される方が幸せなのでは?!〝と思わせてくれたのです。


もし婚活を始めたばかりの頃だったら、

〝やっぱ恋したいしー〝

〝もっとイイ人がいるような気がする〝

と、テッドさんのことはスルーしていたかもしれません。



要はタイミング



なのです。



〝成るように成る〝

が信条ですので、


〝成るように成った〝

のでしょう。


それこそ〝運命の引き寄せ〝だったのだと思います。



運命の人を引き寄せる方法は私自身も分かりませんのでレクチャーできません。



ただただ〝実直に普段の暮らしを大切に過ごしていた〝としか言いようがないのです。



でも、〝経験〝は大事かもしれませんね。

経験から色々な事を学べますし、自分にとって何が重要なのかが一年の婚活でよく分かりました。








ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 

もうすぐバレンタインデーですね。

去年のバレンタインは、まだテッドさんと出会ってもなく、ジャックさんに義理チョコを渡しました。



一年後に他の男性と同棲してるなんて、、
思いもしなかった。


人生とは摩訶不思議


まさか〝ってあるんですね!


もし貴女が今、婚活難民中でも、
決して諦めないで下さい。

「運命の人」は突然現れたりします。


誠実に真摯に、日々の暮らしを大切に過ごして下さい。
神様(宇宙)はそんな人を応援して下さるような気がします。

と、田宮陽子さん的な表現をしてみました。



さて、
テッドさんへのプレゼントですが、

誕生日用には、

FullSizeRender
UNIQLOの薄手のセーター


バレンタインには、

FullSizeRender
六花亭のチョコ


そして、

FullSizeRender

私お気に入りの赤ワインを準備しました。


きっと喜んでくれるはず!!



テッドさんの今月の帰省日は8〜11日です。


プレゼントするのが楽しみだなぁ♡







♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 



 ポチっとよろしくお願いします。



にほんブログ村 恋愛ブログ 50代以上女性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村 
 



「運命の人」と出会っても、
その後の付き合い方にも重要なことがあります。

それは、お相手とは対等な立場でいる事です。
きちんとしたパートナーシップを結んでおかないと、やがて2人の間柄にズレが生じてきます。

パートナーシップを自然と結べる人が「運命の人」とも言えるのですが、
つい自分の悪い癖が出てきてしまうかもしれませんので、注意しなければなりません。


以前、「運命の人」に関する記事を綴っていた方が「パートナーシップ」に関しても興味深いブログを書いていらっしゃいましたので、引用してご紹介しますね。


※長文になりますので、嫌な方はスルーしてください m(_ _)m

ーーー

「パートナーシッのこと」や

「運命の人のこと」っていうのは…

 

本当に「気づき」や

「学ぶこと」がいろいろあります。
 


それでね…

 

 

女性のあなたに

シェアしたいことがあるんです。


 

とても気配り上手でやさしい女性であり

いわゆる「尽くすタイプ」なのに…


 

「男性からなかなか興味を持たれない」

 


「好きな人との仲が、なかなか発展しない」


 

「好きな人のパートナー(彼女)になりたいのに

いつのまにか

愛人(友人・仕事仲間)になってしまっている」

 

 

 

「好きな人がいて

一生懸命、尽くしてきたのに

その人は別の女性を好きになってしまった」

 

 

 

ということで

心が揺れている方が

けっこういらっしゃると思うんです。



 

「尽くす」っていうと

とても健気で

女らしいふうに感じますが…



「献身的に尽くすこと」だけで

パートナー(彼女)になることは

難しいことがほとんどだと

ここにきて私はしみじみわかりました。



 

ちなみに私も

過去、好きだった人に

献身的に尽くしていたことがありますが…

 

その関係はやはり

うまくはいきませんでした。




いまの私のパートナーとは

お互い、尽くし、尽くされるような

ひびきあい、わかちあえる

「対等な関係」だと思っております。



 

実は…



 

片方ばかりが

「献身的に尽くす」ということを始めると…

 

相手はその人を

パートナーと

思わなくなることがある!!!

 

 

 

思わず

 

「え~~~~~っ!」

 

と、のけぞってしまいそうになりますよね。

 

 


 

さらにいうと…

 

 

「尽くす」ということで

「何かを得たい!」という気持ちが

入っている場合。




これは



 

「相手に

何かをしてあげることで、

オンリーワンの存在になりたい」


 

ということになり…




 

そのことは相手に対する「執着」となり…



 

恋やパートナーシップを

うまくいかせない原因に

なっていることがあるようなのです。




 

例えばなんですが…



「彼の仕事を手伝うことで、

彼にとって

なくてはならない

オンリーワンの存在になりたい」


 

「彼になにかを聞かれても

『あなたにあわせるわ』

と、自分の意見を出さずに

相手にあわせるようにしている」



「彼の都合のいいときに

呼び出されると

嬉しくて喜んで行って

なんでもしてしまう」



 

「彼のやっている仕事に

お客さんをいっぱい連れて行くことで

彼の気をひきたい」




「彼の告知や活動のすばらしさを

ブログやFacebookに勝手にアップすることで

彼に喜んでもらい

彼の気をひきたい」



 

こういう行為や想いは

いっけん


 

「とっても健気にあなたを支えているんです」

 


 

というふうに見えますが…



 

それをやっていると

だんだん男性のほうの気持ちが

変わってきてしまうようなのです。





 

どういうことかというと…



 

「相手の女性のエネルギーが重くなってくる…」


 

「この人とは

都合の良いように付き合えばいい…」




 

そのような

 

 

「パートナー枠からはずしてしまう」




 

そんな気持ちが

生まれてきてしまうことも

あるようなのです。




 

「尽くすことはいいことだ」

「もっともっと尽くさなきゃ」と

思ってきた人にとっては

もう、え~~~~っ!!!ですよね。


 

びっくり!!!ですよね。





 

では、どうすればいいのかというと…


 

 

「パートナーと『対等の関係』を築くこと」




 

「自分と、相手は対等な関係なんだ」



 

「この人となら、

ひびきあい、わかちあい、助けあい、

一緒に人生を歩んでいける人だな」



 

「自分がまちがったことをしていたら

ちゃんと叱ってほしい」



 

「相手が、ちょっと違うな…と

思うことをしていたら

ちゃんとそのことが言える関係」



 

「お互いに相手を尊敬して、

いろいろな相談のもと、すべてを進めていく」




…そういう「対等な関係」であってはじめて…


 

「良好なパートナーシップ」

を築けるのだと

私は改めて気が付きました。


ーーー


実は私も元ダンナには〝尽くし〝まくっていました。


挙げ句の果て、元ダンナは私のヒモに成り下がり、仕事をまったくしなくなりました。



しかも私のことを女性とも思わなくなり、

セックスレスにもなりました。



それでも〝尽くし〝ていたら〝大きな許し〝を感じていつかは変わってくれるんじゃないかと期待していたのです。



でもそれは成りませんでした。



パートナーという関係は完全に崩れていたのです。


それなのに私は元ダンナに精神的に〝依存〝していたのです。

ある事をキッカケに〝精神的にも自立しよう〝と思うまで、彼に〝依存〝していた事実にも気付いていませんでした。。


恐ろしい事です。



私が彼への依存心を捨て〝自立〝を果たした後も、元ダンナの自己中心的なものの考え方は一層酷くなり、私に対する暴言も激しくなり、、言葉のDVが始まりました、、



私はもぅたまらず〝離婚〝してやりました。

パートナーどころか私を完全に〝下〝に見ていた元ダンナ。


そんな人には〝おしおき〝ですw



ですから、お相手との健全なパートナーシップを結ぶ事は絶対に必要なのです。



テッドさんにもキホン〝優しく〝接しようとは思いますし、時には〝甘え〝たりしたいですが、お互い自立した大人であることは忘れずに上手に付き合っていきたいと思います。





猫ブログはこちら

「ミミ子とニコの猫会議」

http://mimi-nico.blog.jp





ポチっとよろしくお願いします。





 


 

宮城県と東京で遠距離婚活をしているテッドさんと私。


今年の3月に婚活サイトで〝いいね!〝をし合い、
4月に初面談。
5月、お泊りデート。@渋谷シティホテル
6月、仙台・作並温泉旅行。
7月、彼のお部屋でお泊りデート。
8月、お盆休み1週間デート。
9月、テッドさんのお部屋に引越し。

と、トントン拍子でコトが運んでいます。

毎月会ってはいますが、回数的にはまだ6回、、。

だけど、
「運命の人」だから(?)、
一回一回が密度の濃いデートだから(?)、
もう一年以上付き合っているようなな気持ちになっています。

その訳は、
毎日、テッドさんから電話(LINE)があるからかもしれません。

テッドさんはとにかくマメです。

毎日のLINEも欠かしませんし、
日中も自動車で移動する際などは必ず電話をかけてくれます。(もちろんハンズフリーね!)

そして日に何度も連絡をくれます。

会話の内容はたわいもないものです。
〝今、◯◯へ向かっている〝
〝朝ごはんは◯◯だった〝
〝今日は雨が降っている〝
などなど、、。

でも、日常の事を日々話してくれるので、〝遠距離〝を感じません。


テッドさんは割とおしゃべりで、私が聞き役かな。


とにかくテッドさん自身が〝いい〝と思ったことは、私が〝うん〝と同意するまで、プレゼンが続きます。

例えば、
・原付バイクを買う(くぅ用)
・パソコンを買う(くぅ用)
・猫をもう1匹飼う(ミミちゃん用)
、などなど、、。

時々、辟易した気分になるのですが、
彼の愛情あってこその発言ですので、
最後には私が折れてしまう形です。



今日の話題は、
〝名古屋のあんかけパスタがどれだけ美味しいか〝
というものでした。
(テッドさんは名古屋出身です)


はっきり言って、あんかけパスタに興味はありません。


でも、延々と続くあんかけパスタのプレゼン。

「六本木にも何年か前に出店したらしいよ!!」
「検索してみて!今度、食べさせてあげる!」


で、仕方なく検索してみました。
「ヨコイのあんかけスパ」

ホントに出店していました。(2016年4月15日)

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

うむー、、
あまり食をそそりません m(_ _)m

どうやってテッドさんの提案を断ろうかと思案していたところ、、

食べログを調べたら、

IMG_2757

なんと既に【閉店】していました!
(2016年12月24日(土))


くぅ「行ってみたかったけど、もぅ閉店してたよ。」(ニンマリ ( ̄∀ ̄) )


めでたしめでたし。






♡ 
猫ブログはこちら 
「ミミ子とニコの猫会議」 
♡ 






 ポチっとよろしくお願いします。





 

 

婚活を始めた頃は、
とにかく〝趣味の合う人〝を探し求めていました。

私の趣味・趣向は
・音楽(洋楽:ロック、ボサノバ、クラブ系)
・絵画(オキーフ 、マチス、ダリ)
・映画(単館上映のマニアックなもの)
・南国好き(なんなら移住したい)
・丁度良いおしゃれ感(最低でもユニクロ)
・猫好き
・カラオケ嫌い(大好きな人はパス)

これらがある程度合致していない人とは会話も成り立たない!と思っていたのです。

ですから、すーさん(ニセ運命の人)と出会った時は、
・音楽(ロックが好きだった)
・映画(未来世紀ブラジルが好きだった)
・小物がおしゃれ(ポールスミスの財布、フェンダーのメガネ)
・瞳が最高にステキだった
ので〝運命的!〝と感じ〝恋に落ちて〝しまったのです。

しかし、すーさんに気に入られるために、私は結構ムリしていました。

病後の体力が十分戻っていなかった事もありますが、デートでは毎回〝疲れて〝いました。

なんたって〝恋〝しちゃったものですから、
〝嫌われたくない〝〝気に入られるためには〝
ばかり考えて行動していたのですから、超不自然体 ですよね。

しかも最初からすーさんからは〝恋活〝であると宣言されていましたので、将来は何も見えない状態。

そして私の誕生日を一緒に祝うどころか、その日を境に連絡を断つなんてひどい仕打ちをされたのです。

彼は完全に「ニセ運命の人」だったのです。

でも、すーさんと出会ったからこそ、
「もっと体力をつけなければ!」←私
「人付き合いは誠実にしなければ!」←すーさん
ということを学びました。


その後の婚活サイトでも冒頭の趣味に合致する人を探し求めて面談を繰り返しましたが、長い間「ニセ運命の人」すら現れず、正直〝婚活疲れ〝も感じはじめていたわけです。

婚活アプリは3サイトに登録していましたが、〝いいね〝もらっても見る気もしない。。

そして〝いいね〝数はどんどん減っていく。。


〝就活疲れ〝〝婚活疲れ〝〝パート疲れ〝
と、疲れのピークでした。


そんな時、数少ない〝いいね〝にテッドさんが現れたのです。

しかし、趣味・趣向は全く合いそうには思いませんでした。
私の興味の無い〝登山〝や〝ゴルフ〝、〝神社・仏閣巡り〝、、
まぁまぁかな?と思った点はビリヤードとお酒が飲める事くらい。

写真のテッドさんはホノボノした感じで、それは良いと思いました。

元ダンナはカッコ良く、おしゃれさんではありましたが、とにかく気が強くて自分本位の人で、それが原因で破局したものですから。

再婚するならホノボノした人がいいな!
とは思っていましたので、テッドさんとは「取り敢えずアプリで会話してみるか、、」程度の気持ちでした。


でも、テッドさんは私の写真とプロフを見て、〝運命〝を感じたそうです。

ですから、最初からグイグイきましたヨ。

・運命を感じる
・僕が一生面倒を見る
・幸せにする
などなどと、、。


一時的ではありますが宮城県と東京という遠距離婚活となる訳です。
都内の人とでもなかなか都合を合わせるのは大変なのに、かなりのハードル。

それでも「運命の人」ならば乗り越えられるのです。


テッドさんとデートしてみて改めて思うのは、〝趣味・趣向〝なんて完全一致しなくても、見た目がタイプじゃなくても、気が合えば会話は弾むし、何より自分が自然体でいられる事が何より大切なんだということ。

よくテッドさんは
「お化粧してないくぅちゃんの方が好きだ」
と言ってくれます。
(厚化粧おばちゃんと思わないでね!私の化粧は眉毛とアイライナー少々とアイシャドウ少々位のものです。ファンデーションも口紅も塗ってません)

その言葉は本来の私自身を好きだと言ってくれているのだなと嬉しくなります。

だから私も自然体でいられるのです。

「運命の人」とはそういうものだと思います。


出会ってからたったの3ヶ月で一緒に暮らす事を決心できたのですから。


今、婚活を頑張っている方々には、
・条件付けを沢山しない事
と申し上げたいです。

条件にこだわり過ぎていると、運命の人を見逃してしまうかもしれません。

〝まさかこんな所に!〝という所に運命の人が存在しているのですから。

そして日々の暮らしと対人関係はちゃんとしましょうね。

やった事はやり返される
法則は必ず存在します!


神さまから
🎵僕は試されてる。
いつもどんな時でも🎵
(by ゆらゆら帝国)
です。


そうして
〝流れ〝「運命の人」
必ず結びつけてくれますよ❤️  ^_−☆








ポチっとよろしくお願いします。






 



 

↑このページのトップヘ